大病院について

女性顔

美容外科では、レーザーによって傷跡を消す治療がおこなわれています。
具体的な治療内容は、傷跡の種類によって異なっています。
傷跡が平らで、赤色や茶色などに変色している場合には、ダイオードレーザーが使用されます。
色の濃い部分に高熱を与え、色素を破壊するというものです。
また、これには肌細胞を再生して、きれいな肌にするという効果もあります。
傷跡が盛り上がっている場合には、炭酸ガスレーザーで削って平らにするという治療がおこなわれます。
これは、脳外科での脳腫瘍を切除する手術にも使われている、非常に高性能なレーザーです。
肌がえぐれている場合にも、その周辺を削って段差を減らすために使用されます。
また、この場合にはえぐれている部分へのヒアルロン酸の注入がおこなわれることもあります。

また、美容外科ではヤケドなどが治った後にできるケロイドの治療もおこなっています。
ケロイドの場合、通常の傷跡と異なり、怪我をしていない部分の肌にまで影響を与えます。
赤みが広がったり、肌の治癒の過程で過剰に作られた硬い線維組織によって広範囲がひきつれたりするのです。
目立つだけでなく、その部分を動かしにくくなるという厄介な傷跡です。
そしてこういったケロイドの治療も、やはりレーザーによっておこなわれます。
赤みを消したり、ひきつれている部分を削っていったりするのです。
これにより見た目はきれいになりますし、線維組織の厚みが減る分やわらかくなるので、ひきつれにくくなります。
このように美容外科でのレーザー治療は、肌の見た目もやわらかさも回復させてくれるのです。