治療による効果

術後手足

肌トラブルの解消には、美容外科でのレーザー治療が有効です。
肌トラブルには、肌のたるみや傷跡の凹凸、炎症や色素沈着など色々なものがありますが、その全てが、レーザー治療によって解消されるのです。
たとえば肌のたるみは、熱を与えることで肌が収縮すれば目立たなくなります。
たるんだゴムやビニールなども、熱を与えれば縮まりますが、それと同じです。
そして膨らんだりえぐれたりしている部分を削って、なだらかにすることも可能です。
炎症は、熱消毒によっておさまっていきますし、沈着したメラニン色素は、熱分解されます。
このようにレーザー治療は、多くの肌トラブルをなくすことができるのです。
そのため美容外科では、積極的におこなわれています。

美容外科でのレーザー治療後は、自身でアフターケアに努めることが大事です。
レーザー治療によって肌は急激に変質しますから、その状態に肌がなじむまで、十分に保護しておかなければならないのです。
アフターケア次第で、得た効果が持続するかどうかが決まってくると言っても過言ではありません。
たとえば保湿ケアですが、これをおこなっておくと、熱によって乾燥気味になった肌がスピーディに癒されていきます。
特に傷跡の除去には強いレーザーが使われるので、入念な保湿ケアが必要です。
また、メラニン色素はもともと肌の保護のために作られるものですから、それが分解されると肌は、刺激から身を守るために再びメラニン色素を作ろうとします。
しかし紫外線などによる刺激を与えないように気をつければ、そのリスクは下がります。
このように、アフターケアはとても大事なのです。